iPlan4 北に観光あり
高齢者を対象にしたホテル列車全国巡り観光で新しいJR利用の観光需要を創造する。
地方のイベント・観光を支援するプロジェクト。

定年退職者は時間に余裕ができるようになったら日本国内を旅行したいという希望を持っている。
しかし、時間はできたが体力がなくなり、身体への負担が大きい旅行はできなくなる。

このプランは、旅行専用のホテル車両を借り切って「全国巡りの旅」を実現するプランである。
正に豪華客船世界旅行の陸上版である。

JRの活性化と全国地域を活性化し、美しい日本、おいしい日本を知ってもらう計画で、オリンピックを機会に新しい日本観光スタイルを創造する。

さらに各種ホテル列車と各地の引込み線充実で、移動ホテル事業となり、今まで宿泊施設不足で不可能だった地域イベントが可能になる。
高齢者と外国人観光客に送る「30日間日本巡りホテル列車の旅」
このプランは全国のJRと地域を活性化する全国展開プランである。時間に余裕ができるようになったら日本国内を旅行したいという定年退職者は多い。日本人なのだから、最後には日本を見ておきたいというのは高齢者の願いであろう。
しかし、時間はできた頃には体力がなくなり、身体への負担が多い旅行はできなくなる。
そこで、旅行専用のホテル列車で一両を借り切って、車両から出ることなく「30日間全国一周の旅」を実現するプランである。
JR活性化のこのプランは、全国地域を活性化し、美しい日本、おいしい日本を知ってもらう計画で、オリンピックを機会に新しい観光スタイルを創造する
 利用者のメリット
JRは自宅まで送迎するので、荷物をたくさん持って旅行に行ける。
日常生活のまま旅行をすることができるので、旅行の不全さを感じなくなる。

車両は貸切なので、他のお客さんに気兼ねする必要はない。
先々で親戚や友人を招いて、小旅行も自由である。
(親戚、友人は途中下車して別な交通手段で戻る)

行先は自由に組むことができ、JRは希望に応えれるようにダイヤをプログラムする。

旅行代理店が企画したプログラムに参加することもできる。

身体への負担や精神的な負担がないことが最大のメリットである。
 経済効果
■JRの経済効果
30日間の利用料は、30万円〜100万円位を計画
楽に日本周遊ができるので、新しい需要が生まれる。

ビジネス利用
移動事務所も兼ねた営業活動の拠点としての活用方法もある。

■地域の経済効果
いままで宿泊施設がないために誘致できなかった合宿やイベントも実施できる。
旅行客に地域産品をアピールする機会ができる。


 JRの対応
豪華客船旅行に負けないサービスを考え実現する。

ホテル列車の移動は、通常運航の列車に接続して移動する。
目的地で切り離し、専用の仕訳線に移動し、そこで停泊する。
食事は地元レストランと提携し、デリバリーする。

旅行代理店の大型ツアーの場合は専用列車を編成する。

ダイヤの組み方や移動方法など課題も多いが、解決方法は見つかるだろう。
 地域の対応
観光列車はお客様が希望する駅の観光引込線に停車する。
観光引込線に地域宣伝や物産コーナー等を設ける。
食事は、地元レストランのデリバリーサービスを利用する。
地元に良いレストランがない場合は、食堂車を使ってディナーサービスを行う。
タクシー等も対応し、繁華街や観光地までの利便性を良くする。

copyright 2014 Communication21laboratory/CGI-design