学生向け情報

スポンサーリンク

超メモ術の学生のための活用方法です。短い時間で効率的に成果をあげる方法をご紹介。制作中 2023年1月27日

わがままになろう

押しつけられ、やりたくもない勉強しても身に付かないよ。
もっと自分にわがままになればいい。
君は将来どんな風になりたいのか?
わがままな夢でいい
なりたいものに絶対になろう。

世界一のお金持ちになりたいですか?
高級車を買いたいですか?
宇宙旅行に行きたいですか?

さて、どうしたらなれるかな?
解らなかったら、人生の先輩に聞いてみよう。

記憶力に価値はなくなる

テレビでは「東大王」という記憶力を競う番組がありますね。
その他にも、クイズ番組がたくさんあります。

「頭の良さは記憶力だ」ということでしょうか?

テレビを観ている視聴者はスマホでググれば、すぐに正解が解ります。
スマホがあればみんな正解者です。

テレビは何も見ないでいかに早く答えるかというゲームです。
現実ならば、「ちょっと待って!」と言って調べることができます。
最先端機器はAIが組み込まれ、欲しい情報が的確に与えられます。
しかもウエラブルだから、瞬時に答えを表示してくれます。

翻訳器機があれば、外国語を学ぶ必要はありません。

君の未来では、知っていることは当たり前で、なんの価値もなくなるでしょう。

宇宙人と出逢えない理由

まだ宇宙人に会えると思っていますか?

未知の宇宙ですから、どこかの星にいるのかも知れません。

でも私は「会うこと無い!」と断言します。

宇宙はビッグバンの勢いで、いまも光速で広がっています。

銀河も光速で遠ざかっています。

銀河から他の銀河へ行くためには光速以上のスピードで移動しなければなりません。

ところが物質は光速を越えることができません。

だから他の銀河から宇宙人が飛来することは無理なのです。

もし高度文明の宇宙人だったらどうでしょうか?

危険な思いをして本人が来る必要はないでしょう。

地球人を調べたり、コンタクトを取りたいのなら他の方法がたくさんあります。

もし、地球を侵略しようとしてミサイルを撃っても光速以上のスピードでないと到達しないのです。

地球人もかなり高度な知性を持った宇宙人です。
君ならどうしますか?

将来求められるのは「個性」だけ

未来において知識や記憶の価値は低くなります。

コンピュータがあれば正しい答えが瞬時に見つかります。

未来も競争社会であることは変わらないでしょう。

競争で勝つためには相手と違うことをする必要があります。

違うこととは「発想力」という知恵が必要です。

違う発想は個性の違いです。

将来の競争は個性と個性の戦いになるでしょう。

現在も競争がありますが、過去のカイゼンの競争です。

そして、二番煎じのアイデアでも通用しています。

競争が激しくなると、本物の個性が求められます。

個性を磨くのは自分自身に自信を持つことです。

他人と違うことを大事にしましょう。

コンピュータとAIは道具

どんなに優れたコンピュータとAIシステムでも、人間が作った機械です。

過去のデータを分析するだけです。

君たちに望まれるのは「未来思考」です。

未来とは過去の延長線上にはありません。

過去の情報をいじくり回してもカイゼンアイデアしか出てきません。

未来を見つめ、進むべき目標を探すのです。

未来を見ることは、地球上で人類だけに与えられた能力です。

計画を実行するために、コンピュータやAIを使うのです。

世界は目に見えない95%と目に見える5%で出来ている

近年の科学で、宇宙は天体の他に見えないエネルギーであるダークエネルギーとダークマターがあると解りました。

この世界は5%の物質と95%のエネルギーで出来ているということです。

このことを宇宙のはじまりから考えてみましょう。
最初は高温のエネルギーである火の玉です。
そのエネルギーは無限だと思います。

このエネルギーが粒子と反粒子に分裂しました。

このプラスエネルギーとマイナスエネルギーは互いに引き合い、元のエネルギーに戻ろうとします。

そして95%がエネルギーに戻り、5%が物質として残り、宇宙になったのです。

人類もこの5%の物質から誕生しました。

宇宙のは絶対原理があります。

ひとつはエネルギー不変の法則です。

エネルギーは形を変えることがあっても、エネルギー量は変わらないのです。

もうひとつはエントロピー増大の法則です。
どんなものでも、直ぐに崩壊に向かって動くのです。

鉄を放っておくと錆びて、最後には粒子に戻っていきます。

さて、話を戻します。

最初のエネルギーが物質になっても、エネルギー自体は変わらないのです。

ちょっと飛躍しますが、最初が創造主だとしたら、現在の宇宙も創造主の一部なのです。

宇宙創造は同じ原理原則で創造されています。

人類も同じです。

人類も5%の物質と95%のエネルギーでできています。

5%は肉体です。

95%は目に見えないもの、つまり意識、心、感情、感性、創造力だと思います。

もうお解りの通り、人間の主体は目に見えない意識などです。

このことが、これから知恵を考えるために大切なことです。

脳は思考を行わない

昔は脳がいろいろなことを考えるところだと考えられていました。

だから、頭がいいということは脳が優れていると思われていました。

最近の医学で、脳も臓器の一部であることが解りました。

人間の身体はネットワークが出来ていて、部位同士が情報を発信し、その情報に対応した動きをしているとわかりました。

生物の体は繁殖のために存在しています。
そのためには体が必要です。

その体を守るために特別な機能を持ったり、危険を記憶しています。

脳は危険情報を記憶し、判断し、ネットワークの中での役割を果たしています。

物質である脳は現在起きていることの処理のために働いています。

脳に未来を見通す能力はないのです。

未来を見通すこととは情報もなしに未来を想像できるということです。

脳が優れているから頭がいいというのは間違いでしょう。

感動は消えない記憶

感動は一瞬にして「消えない記憶」になります。
一生懸命に暗記しようとしても、いずれ消えてしまいます。
でも、意識(心)に刻まれた感動は一生消えないのです。

授業のノートの取り方

超メモ術式勉強法です。

最終的には、試験のために学んだことを理解し記憶することです。

たくさんのことを学ぶのですから、同じ事を何度も勉強することはないのです。

ノートは記録のためではありません。

学んだ時の感動を記録するものです。

コンピュータで打った文字に感情はありません。

手書き文字には書いたときの感情が残っています。

後で読んだときに、その感動が蘇らなければなりません。

その感動が意識(心)の中に残るのです。

ノートは1冊でいい

タブレットとノートの違い

勉強と学ぶことの違い

勘違いノートの使い方

効率の良い復習の方法

効率の良い予習の方法

教科書を自分の辞書にする方法

人間の仕組みを考えよう

未来はどんな世界

記憶アップの方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました