使える脳と「ひらめき活用法」もご覧ください
100円ノート「超」メモ術

超メモ術を紹介してくださるサイトもあります

「超」メモ術 [検索]

ホテル業務の分業化で地方躍進

良いことだらけのホテル分業計画

ホテルはひとつの完成された街です。
経営には信頼に基づいたレベルの高い経営ノウハウが必要です。
開業するための資金も人材も桁違いです。
それ故に、誰でも参入できる業界ではありません。
そのため、宿泊室の不足や高額な宿泊料となり、利用できない人たちも出ています。
そのための違法な宿泊施設や地域の問題を発生させています。

ホテルを宿泊と飲食を分割するだけで、すべての問題が解決します

企画の目的

ホテル経営が簡単になる。
ホテル業の新規参入の増加
宿泊の専門化でサービスのグレードアップ
宿泊施設の高級化・サービスの品質アップ
旅行者の満足度アップ
ホテルの周囲にレストラン街を構築し、グルメ観光の実現。
専門飲食店の安定経営の実現。
飲食店雇用拡大
独立自営業者を増加させ、国民の収入を向上。
病院の看護士の夜間負担を軽減。
遠方通院患者の負担軽減
病人の付き添い家族の負担軽減

企画の概要

ホテルの宿泊と飲食の分業
飲食部門は独立開業します。
調理師は自分の店を開業できます。
お客様はホテルの宿泊客です。
宿泊専業だと誰でも参入でき、ホテルが増える
宿泊を専業とする高級化で差別化もできる
ホテルの周辺には高級レストラン街やイベントホールができる
朝食客、昼食客、夕食で客数は多いので、メニューの専門化も可能になり、品質も上がる
ホテルは医療用もあり、病院の軽度入院患者を受ける(家族も泊まれる)
病院も夜間の負担がなくなる
周囲には介護施設もあり、食事の依頼も多い
周囲には高齢者住宅もあり、お得意様確保も可能

良いことずくめのホテル分業化です

コメント

タイトルとURLをコピーしました