情報デザインとは

スポンサーリンク

Views: 137

情報デザインの説明です

スポンサーリンク

情報デザインとは情報の調理方法

世の中の全てのことは、情報を伝えることからはじまります。
情報は目的を持って伝えられます。

情報がうまく伝わったと言うことは、目的が果たせたかによって計ることができます。
そのために情報の伝え方を考えなければなりません。

情報の内容、伝える相手、伝える人、期待する成果などを考え、情報を加工処理する必要があります。
それが情報デザインです。

例えば、スイカを食べたことのない人に、スイカのおいしさを知ってもらうことを考えましょう。

初めての人は、目の前に大きな緑の縞模様のビーチボールのようなものを置かれたらどうでしょう。
それが食べられるものなのかが解らず、困ってしまいます。
これが加工前の情報です。

それでは食べやすいように切ってあげましょう。
大人なら、少し厚めに切った方が美味しさを味わえます。
子供なら、小さく切った方が美味しさを味わえます。
切ると、スイカの甘い香りもして、食欲を誘います。

種のあるスイカなら種を捨てることを教えましょう。
そして、赤いところだけを食べるように教えましょう。

スイカを美味しいと解ってもらえたら、もっと美味しくする方法を教えましょう。
それは、ほんの少しだけ塩をかけることです。
掛け過ぎると塩辛いだけになってしまいます。
ワンランク上の食べ方です。

そうしたら、スイカを食べたときの効用なども教えましょう。
適温に冷やすと美味しいことも教えましょう。

これで、スイカ好きになってくれるでしょう。
ついでに、お店の電話番号も教えましょう。

このように相手に合わせ、目的に合わせて情報を加工していくことが情報デザインです。

情報を伝える方法はいろいろ考えられてきますた。
代表的な法則がアイドマの法則」です。

インターネットが登場し、スマホが普及した情報時代では伝え方も変化しています。
更にはChatBPTというAIシステムを現れ、広告効果が期待できない時代です。

時代と共に、情報デザインの方法も変化しています。