勉強の効率を上げる方法

スポンサーリンク

勉強もコスパ良く頑張ろう

スポンサーリンク

記憶力のコスパ 予習・学習・復習・テスト対策

学校の成績を上げる方法は「予習」「学び」「理解」「記憶」することでしょう。

予習は、事前に学ぶことを勉強しておくことです。
この時、解るところを軽く流しましょう。
大切なことは「解らないことを知ること」です。
無理して理解して、学校でカッコいいマネをしても仕方がありません。
解らないところが解っていれば、授業中に聞き逃すことがなくなります。
解らないことがわかっていれば、理解も簡単にできるようになります。

そして、家に帰ってからでも、休み時間にでもノートを見直してください。
ノートに「超メモ術」を使うと、予習、復習、理解、記憶が簡単で早くなります。

※超メモ術の使い方は、「超メモ術」を見てください。

記憶はできるだけ早い時間にするのが良い

ダラダラと記憶するのではなく、ポイントだけを記憶すれば良いのです。
記憶は脳の中の神経細胞にキーワードで記憶されますので、ダラダラと記憶しても仕方がないのです。
一時限の授業なら1分もあれば記憶を強化することができるでしょう。

これで「復習」「理解」「記憶」ができるでしょう。
記憶で大切なことは、「理解して、すごいと感動する」ことです。
感動なしには「本当の記憶」ができません。
本当の理解と記憶は脳の中にされるのではなく、無形の情報として意識の中にされます。
脳の中にある記憶は、物質的な記憶です。

あなたの中の消えない記憶

あなたの中に消えない記憶はありませんか?

その記憶はどうやって記憶しましたか?
頑張って何度も思い出して記憶しましたか?
あなたは一瞬で記憶したはずです。

それが感動による意識への記憶です

アニメーターに人気のペンタブレット

紹介動画Click

令和5年1月17日(火) はこび天舟

タイトルとURLをコピーしました