新・音楽文化創造:共同推進者募集

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

Views: 48

プロジェウト資料 2024年1月3日

音楽業界やテレビ業界の旧システムから離れて、自由な音楽活動がしたい人。
習得した知識や技術を活かし、音楽を愛する若者のために「ひと汗」かきたい人。
自分の技術(プログラム、演出、編集などなど)を活かしたい人。
いつまでも音楽と一緒に暮らしたい人。
新しい音楽演奏ネットワークを構築しませんか!
初期プロジェクトはネットで行います。

新・音楽文化創造プロジェクト
共同推進者募集
スタートアップスタッフ

スポンサーリンク

新・音楽文化創造プロジェクト

音楽文化の発表の場がテレビやホールから、ネット動画配信、ライブホールへと変わってきた。
しかし、まだ勢いがない。それは完成度が低く、楽しめるレベルに達していないからだろう。

そこで計画したのは「新しい音楽文化の創造」です。
夢も計画もあるけれど、技術の範囲は広く、グループで無ければ達成できない。多くの技術や知識、経験が必要である。ここに計画を公表し、協力してくれるブレーンを募集する。

参加してくれた方々には先駆者利益が迎えてくれるはずである。

ライブビデオストリーミング用のステージ設定

ライブビデオストリーミング用のステージ設定には、以下のようないくつかの重要なステップがあります。これらは視聴者に高品質で魅力的な体験を提供するために必要です。

適切なストリーミングプラットフォームの選択:プラットフォームの選択は非常に重要です。人気のある選択肢にはYouTube Live、Facebook Live、Instagram Live、Vimeo、Zoomなどがあります。それぞれのプラットフォームには長所と短所があり、視聴者がすでに存在しているプラットフォームを選ぶことが重要です​​​​。

最適な機材の設定:

照明:被写体を最適に見せるためには、明るさのバランスが重要です。リングライト、ソフトボックス照明キット、LEDライトパネルなどが使われることがあります​​。
カメラ:鮮明な映像のために高品質なカメラが必須です。最低でも720pでストリーミングすることをお勧めします。DSLRカメラはより高解像度のストリーミングを可能にします​​​​。
音響:良い音質は非常に重要です。適切なマイクとオーディオミキサーを使用し、クリアなサウンドを確保する必要があります。スタジオの防音処理も考慮に入れると良いでしょう​​​​。
ステージの設定:

デザイン:視聴者に興味深い設定を作り出し、パフォーマーやスピーカーに実用的で、ストリーミングの技術的要件を満たす必要があります。3Dデザインの壁やLEDスクリーンなど、ユニークな背景を使用することを検討してください​​。
インタラクティビティ:視聴者とのやりとりを可能にする機能を持つプラットフォームは、自宅で視聴する人々にとって重要です​​。
収益化の選択肢:コンサートストリームからの投資回収や利益を得るために、TicketSpice、Stageit、Uscreenなどのサービスを通じてチケットを販売することができます。また、デジタルチップジャーの設置やスポンサーシップの獲得も選択肢です​​。

プロモーション:イベントのマーケティング計画を作成し、実行することで、ライブストリームコンサートを人々に知らせる必要があります。ソーシャルメディア、有料広告、Eメールマーケティングを使用してプロモーションを行います​​。

技術リハーサル:「本番前」にすべての機材やリンクをテストして、ライブイベント前にスムーズに動作することを確認します​​。

小さなコンサートステージの要件

設定する小さなコンサートステージの要件については、いくつかの重要な点があります。

ステージのサイズ: ステージのサイズは、演奏者の数、使用する機材、観客の規模に応じて選ぶ必要があります。ステージが小さすぎると混雑し、大きすぎると観客との関わりが薄れる可能性があります。屋内か屋外かによっても、ステージのサイズは異なります​​。

ステージの耐荷重能力: ステージの耐荷重能力は、パフォーマンスと機材の安全性、安定性を確保するために重要です。機材や特殊効果を使用する場合は、十分な耐荷重能力を持つステージが必要です​​。

機材の準備: 演奏する音楽の種類に応じて、必要な機材が変わります。アコースティック音楽ならマイクとアンプ、エレクトリック音楽ならエレキギター、ベース、ドラムとそれぞれのアンプが必要です​​。

照明のセットアップ: 照明は雰囲気を設定し、演奏者と観客がお互いを見ることができるようにするために重要です。ステージの照明を適切に配置し、目に不快な明るさやステージ上の暗い部分がないようにする必要があります​​。

座席と楽譜スタンド: 演奏者用の椅子と楽譜スタンドを用意すること。快適で長時間座っても大丈夫な椅子が理想的です​​。

マイクとスピーカーの設定: マイクは音声を増幅するために不可欠であり、十分なスピーカーも必要です。会場の大きさに応じてスピーカーの数を決めることが重要です​​。

PAシステムの導入: どんな規模のコンサートにもPAシステムが必要です。マイク、スピーカー、アンプなどの必要なコンポーネントを揃えておくことが大切です​​。

以上の要素を考慮して、ステージの設定を行うことが成功の鍵です。また、AVチームを計画の初期段階から巻き込むことで、重要な詳細を見落とさず、最適なショーを実現することができます​​。