未来の死のために

スポンサーリンク

Visits: 41

スポンサーリンク

亡き家族と語らうひととき

一人住まいの古びた家に仏壇がある

父と母と兄、そして相棒の写真を奉っている

仏壇に花は欠かさないようにしている
私がしてあげられることは こんなことくらいしかない

あるときから枯れかかった花を捨てられなくなった

捨てられないようにと頑張っている花と、藻掻きながら生きている自分と重なった
それから、枯れかかっても捨てられなくなった。
毎回「がんばれ!」と心の中で呟きながら霧吹きをしている。

だから、一日のうち何回も水を取り替え、霧吹きでたっぷり水分を補給してあげる

花はそれに応えて凜々と花を開いている

でも、突然 萎れ始める
いくら霧吹きで水をあげても止まらなかった

寿命・・・・・

そう、生命には寿命がある
どんなに頑張っても 寿命には逆らえない

大切なことは、命を全うすることだと教えられたような気がする

命を燃やすということは、こういうことかと教えられた

大切なことは 寿命を延ばすことではなく
一生懸命に生きることだと教えられた

また、教えられた・・・・・

安堵の時を感じた
寿命が尽きることへの心構えが またひとつできたのだ

さあ、今日も一生懸命に生きよう

未来の死のために