反物質と対消滅の物語

スポンサーリンク

Views: 28

宇宙誕生のビッグバンで起きたのが「反物質と対消滅」

反物質は、物質と同じ種類の粒子でありながら、電荷やその他の性質が反転しているものを指します。例えば、陽子は正の電荷を持ちますが、反陽子は負の電荷を持ちます。

対消滅とは、反物質と物質の粒子が衝突して、両者がエネルギーとして放出される現象のことを指します。この過程で、反物質と物質の粒子はお互いに相殺し合い、完全にエネルギーに変換されます。

例えば、陽電子は反電子であり、陽子と反陽子の衝突によって対消滅が起こります。この過程では、陽子と反陽子はお互いに相殺し合い、両方が消滅して、陽電子と反電子のペアが生成されます。このペアは、一定時間後に再び対消滅することができます。

対消滅は、宇宙線や宇宙空間でよく起こる現象であり、高エネルギー物理学や宇宙物理学の研究に重要な役割を果たしています。また、現在では、反物質と物質の間には微小な違いがあることが知られており、これが物質が宇宙に存在する主要な理由の1つであると考えられています。

対消滅に失敗したのか?

宇宙は5%の物質と95%のダークマターと呼ばれるエネルギーで構成されています。

我々人類も含め宇宙は5%の物質でできています。
ビッグバンで物質と反物質に別れ、対消滅が完全に行われていたら宇宙は誕生していません。
宇宙は数学で説明できるように、失敗とかミスは存在していません。

考えられるのは、計画的にミスをさせたということです。
目的は宇宙を創造する以外にはありません。
事実、宇宙ができているので間違いはないでしょう。

このように、宇宙は誕生から謎に包まれています。