地元の若い職人が改装工事のお手伝い

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

Hits: 24

地元若手建設業者ネットワークサービス

安い下請けから、儲けの出る元請けビジネスをやろう

下請け業者も自立しましょう
仲間が5人いたら、行動開始です。

特徴は、受注の流れを逆転させます。
下請けが受注し、総合建設会社に流れ、下請け業者に戻ります。

下請け業者の自立方法

1■仲間は信頼の出来る下請け仲間です。
2■営業だけ行う仲間
3■総合建設業

総合建設業の組織化方法

1■協力会社を組織化する
2■組織の運営は建設会社が負担します。
3■集まってくる情報をコントロールします
4■仕事を依頼します。

職人
職人

下請け価格が大きく変わるのは時代の必然です。
元請けでもない、下請けでもない新しい仕事のやり方。
安全に収入を増やそう。

仕事をもらうだけではなく、仕事を取ってくる。
みんながウインウインの関係が収入の安定とアップ。

こんな方にお薦めです

時間もあるから、自分で道具を買って、日曜大工でやってみたいと思っている。
だけど、手伝ってくれる人もいないから、力の作業はできない。
趣味がなかったから、ちょうどいい機会だから、日曜大工で家をいじってみたい。
昔の家だから、電気配線を直したいが、資格がないから自分では出来ない。
窓を変えたいのだが、専門知識もないし、教えてもらえないだろうか。

お客様
お客様

できることは自分でやりたい!
力仕事、難作業をお願いしたい

こんな工事をお手伝いします

■専門資格のいる工事だけお手伝いします
■人手の足りない作業だけお手伝いします
■力のいる作業だけお手伝いします
■必要な道具は、レンタル、ご指導します
■必要な材料は、取り揃え、特別価格で提供します。
(加工もします)
■増改築のご相談も無料でお受け致します

スポンサーリンク

企画の進め方

●必要なツールは、手配り用のチラシだけ(3万円~5万円)
 印刷代は行政の補助金で対応しましょう
チラシが出来たら、会員で手配りしましょう。
受注できれば、利益も大きくなります。

●若手ネットワークを作る
気のあった職人を集めましょう
職種は何でもOKです。
下請け会社なら若くなくても大丈夫です

●電話受付事務局を設定する
電話受付の出来る所を決めましょう

●ルールをしっかり決めましょう
実際に大きなお金が絡んできますので、きめ細かなルール作りが必要です。

●競業相手
市内には同じようなグループが誕生するでしょう。
お客様は「気持ちよく作業ができた」ことがポイントになります。
接客には充分に注意しましょう

●協力会社を決めましょう
若手グループだけでは熟しきれない仕事も発生します。
そのためにも、支援してくれる総合建設業と提携しましょう。

●運営上の注意
この企画は、リフォーム事業の新たな受注システムです。
入り口は、小さな工事ですが、すぐに大きな仕事に変化することが予測できます。
元請け企業との関係に注しましょう。
逆に、飲み込まれては過去の関係と同じになります。
それは、お客様にわかり、支持されることはなくなります。
「金の卵を産むガチョウ」の話を思い出しましょう。

定年になってやってみたいことは、我が家のリフォームです。
壁紙くらいなら貼れるが、基礎となると家の構造が解らないとできないのです。
そこで、リフォームのお手伝いをするビジネスを考えました。
地域の仲間と一緒に立ち上げてはいかがでしょうか?

格安予算で仕上げる
マイホームのリフォーム

あなたのしたいことを教えてください。

あなたのできることを教えてください。

例えば
壁を張り替えたいので、下地だけやって欲しい

例えば壁を塗り替えたいので、足場を組んで欲しいペンキや道具も準備して欲しい

例えば
間取りを変えたいので、壁や天井を撤去して欲しい

例えば
お風呂場を変えたいので、浴槽を取り替えて欲しい

例えば
窓を暖かくしたいので、お手伝いをお願いしたい
窓枠を安く紹介して欲しい

どんな、ご要望でも大丈夫。
若くて元気な職人が、心を込めてお手伝いします。
工事方法も親切丁寧にご指導します。

お見積もり無料お気軽にお問い合わせください

いかがだったでしょうか?
ご自由にご利用ください。
不明な点があったら、ページからお問合せください

質問はこちらから(相談無料)

エラー: コンタクトフォームが見つかりません。